京都−大阪間の引越しを予定されているならコレで価格を確認しましたか?

 

関西の大都市の大阪と京都。会社も多いですし大学・学校も多数あります。もちろん人口も多いですから産学ともども引越しがとても多く行われている区間です。こういった人の移動が活発な区間は、エキスパート的(たとえば単身専門、学生専門、女性に特化したサービスを提供しているなど)業者も多くありますから、格安でサービスも満足できる業者を見つけることができます。

 

その見つけ方は後半に回すとして、まずは大阪〜京都間の料金相場をご紹介します。

 

京都⇔大阪間の引越し料金の目安

大阪〜京都の引越し費用は引越プランによっても大きく異なってきますが、

  • 単身では20,000円から60,000円程度です。
  • 夫婦では30,000円から80,000円程度です。
  • 家族では40,000円から100,000円程度です。

しかし、これらの費用は有料道路代金は含まれていませんし、新宅、旧宅の状況によっても大きく異なってきます。おおまかな目安として考えておくようにしましょう。

 

まず、大阪と京都の間の引っ越しをしようと考える場合、時間帯や日程もよく考えておいた方がよいです。京都は世界的にも有名な観光地であるため、土曜日日曜日、祝日だけでなく、夏休みや冬休み、年末年始、春休みと、様々な時期に渋滞します。家族単位の引っ越しをする場合は、当然、大きなトラックでの移動になりますし、自分自身も車で移動する可能性が高いでしょう。

 

そのような場合、日程や時間を誤ると、大渋滞にあたってしまい、全く動かなくなってしまいます。予定時間を大幅に超えてしまう可能性があるので、注意が必要です。京都から大阪へ引っ越しをする場合は、まだ比較的楽に動くことが出来ます。但し、その場合も早朝に荷造りをして出発するようにしましょう。朝の10時を超えると、市内の場合は渋滞が始まり動くことが出来なくなります。また、これらの問題は費用とも大きく影響しています。

 

 

高速道路を使うかどうかによって時間も費用も異なってくるためです。大阪では阪神高速道路を使い、名神高速道路に乗りかえていけば、確かに下道で行くよりは早く京都に到着することが出来ます。しかし、土曜日や日曜日、祝日であったり、年末年始や、春休み、冬休み、夏休みの場合は、高速道路もかなり渋滞することを覚悟しておく必要があります。有料道路を使用する場合、片道だけを業者から請求されることが多いのですが、高速道路で渋滞して時間がかかっても、その費用は請求されます。下道を使っていくべきかどうか、日程によって判断するようにしましょう。

 



 

京都⇔大阪間のイチバン安い専門業者の値段を調べるならコレ! >>> Click!!

 

 

 

京都⇔大阪間の引越し相場を確認するには一括見積もりです!

 

引越しを相場よりもお得に終わらせるために、何社かの業者からお見積りをゲットしてみましょう!値段は業者ごとにバラバラですし、いろいろな業者に依頼したお見積りを突き合わせてみると、安い業者をピックアップできます。それだけではなく、引越し代金のおおよその金額を把握することも不可能ではありません。

 

引越しに使う段ボール、どなたが準備するのでしょう?いざ買ってみると、案外高くつきます。引っ越しの用途ですと、1枚約200円はすると思って下さい。「引越しプランのオプションで、タダで借りれない?」そう思っている人もいるでしょうが、必ずしもそうとは言い切れません。それであれば、大体はダンボール代も料金の一部となっています。だからこそ、段ボールを自身で準備できるのであれば、節約に繋がりますよ。引っ越し代金を抑えたいというのなら、まずはじめに、使用していないものは処分or売り払うなどしてしまいましょう。

 

 

荷物の量が多いほど、理屈上、値段もあがっていきますよね。大きい家具、あるいは家電を荷物に含めるのなら、更に値段もアップします。引越しが終わってから片付けようと考える方もいるかもしれませんが、代金をわざわざ多く払う必要はありません。午前便というのは、午前の規定時刻に動いてもらえる手段なのです。荷物整理が午後からできる、他のスケジュールをこなせるという良い点があるのです。とはいえウィークポイントも存在します。着手する時間が固定なので、フリー便や午後便と比べると代金がかかります。引越を一家で実施する、特に長距離であれば、独身世帯の引越以上の値がつきます。とにもかくにも値下げを実現したいのならば、極力荷物は少なくし、特に必要なければゴミの日に出す、大きな家具家電は別途買う等の対応を取ると良いでしょう。

 

 

京都⇔大阪間の引越し価格を安くするための交渉

引越にかかる経費をとにかく抑えたいのなら、業者を相手に、料金値下げの交渉を行えると良いでしょう。えっ、難しいなあ…そのような方にこそ、できるだけ思い切って挑戦してほしい!業者にとっては珍しくありません。無論、確実に成功するとはいいきれませんが、挑むことに意味はあるはずです。土日は混みあいやすいので、引越しを頼んだ時のお値段は下がりにくいです。逆に考えて見ると、月曜〜金曜に引越すのなら、割り引いてもらえるかもしれません。案件が少なくなりがちなので、業者的には、可能な限り依頼が来た方が良いのです。そういうわけで、平日のお引越しを勧めたいと思います。そうはいえども、多忙な時期ですと割引してもらいにくいので、頭に入れておいて下さい。

 


 

 

 

 

 

 

 

混載便について

実施日を、平日且つ繁忙期以外に設定するといった対策もあると良いですね。引越し時に、大型トラックを複数名のクライアントと共同利用する手法、こういうのを「混載便」というのです。荷物を数人分いっしょくたにし、トラックが満杯になり次第運んでいきます。大きいところではよく運用されていて、数名でトラックを一台占有するため、顧客それぞれが支払う額は良い感じで少なくなります。ただ、トラックが満杯にならないと輸送は行われないという欠点もありますから、心得ておきましょう。

 

 

引越す際の積荷について、極力量を減らすことを提案致します。どうしてか?それは、荷物量増大は価格もまた上昇するからです。ベッド等大型の荷物も、極力新調し、荷物扱いしない方が楽ですよ。何世帯か分の積荷を、たった1台のトラックで運び出す引越し手段のことは混載便と呼称します。お客様の住居からトラックに荷物を積んでから、先に中継点に運び入れ、そこで混載便用のトラックに積み替えます。そのように集めた、届ける方向が近い数世帯分の荷物を、新住所近くの中間ポイントまで運送していきます。そのため京都−大阪間の料金が安くなります。

 

 

赤帽について

シングル、つまり単身の一人暮らしの引越しで(もちろん家族世帯にも)多く利用される業者のひとつに赤帽があると思います。

 

 

赤帽とは軽貨物車(黒ナンバー)を所有しているドライバーさんに引っ越しを依頼するタイプなので普通の引っ越し業者とは違います。私も以前、赤帽さんに引っ越しを依頼したことがありますが、格安に済みましたし、気楽な引っ越しでした。赤帽の引っ越しに向いているのは、近距離で単身の引っ越しです。軽貨物の車に入らない大きさの荷物は運べません。依頼者が女性の場合は、男性の手伝いが一人いた方が良いかと感じました。

 

 

時間制で貸切る感じなのですが、荷物が多い場合でも何度も往復してもらえますので良かったです。赤帽に登録しているお住いの地域の独立スタッフさんが担当してくれますので、個人の業者さんに依頼するという感じでしたので、親切かどうかは、当たり外れがあるかも知れませんね。

 

 

私が依頼した方はとても親切で感じの良い方でした。近距離で単身の引っ越しの場合、格安ですし、何度も往復できるため、綿密な積載量の見積もりが無いのが良いと感じました。逆に大荷物で遠距離の場合は、赤帽は向かないというより利用すること自体が無理という印象を持ちましたね。

 

 

ところでこのブログ、実は身内の経験を基に一人暮らしの引越し料金でもこんなに違うものだということを怒りを込めて?書いています。

 

 

少しでも多くの人に参考になればと思います。荷物が少ない(初めての一人暮らしの場合など)単身引越し 一人暮らしならば単身パックで安くすみますが、すでに生活していて家電や家具がある場合にはワンルームパックか通常の引越しサービスの方がお得な場合がほとんどではないでしょうか。

 

 

荷物量の見積もりをいい加減に行うと思わぬトラブルとなることがあります。超過料金や最悪、荷物を運んでくれないなど。近距離の引越しではなんとかなりますが京都と大阪間でもけっこう距離がある場合には悲惨なことになりますので気をつけましょう。

 

業者価格が大きく違うことを知っている人は皆使ってますよ♪

 

>>>大阪⇔京都間の格安業者を簡単に探すならコレ!

 

だから! 大阪−京都間の引越しでは各業者の見積もりを比べることが必須です! 

損したくなかったら絶対にコレです!!

 

 

 

 

引っ越し当日にすること

朝の準備と段取り説明

引越し当日の朝の時間は、いろいろなことがあり細かな仕事が残っていることが多いようです。そんな中で、荷造りの準備がすんでいない場合、荷物を運搬してもらえないケースも出てきます。引越し業者が来るまでに、運搬する荷物をすべて荷造りしておかなければなりません。荷造りが終了していないと、最悪の場合は運搬する荷物として認めてもらえないケースがあります。そのようなことになると、新居まで自分で運搬することになりかねません。

 

まさか、そんなことはないだろうと思っているかもしれませんが、引越し作業員が荷造りしてある荷物を全部運んだ後は、一般的には待ってもらえないことが大半のようです。

 

なぜならば、引越し業者の方も次の引越しスケジュールがあり、その時間に遅れるわけにはいかないからです。追加料金の発生やトラブルに発展しないように、引越しの荷造りは前日までに終了させておきましょう。また、引越し荷造りに入れることがあまり適していない、通帳、印鑑、貴金属、現金などの貴重品は身に付けておくか、かばんなどに入れて身近においておくようにします。引越し作業を午前に頼んだケースでは、八時半から九時開始がほとんどです。引越し作業を午後に頼んだケースでは、午前便が終了次第いう形式になります。

 

ですから、午後の場合、何時に来られるかキチンとした時間を出してもらえない場合があります。午後便や夜便の場合には、前の引越しが終了次第、連絡を入れてもらうように前もって頼んでおくと、待ち時間を有効に利用できます。当日の段取り説明については、それほど時間はとられませんが、業者の方から説明があります。キチンと話をするのであれば、このときがチャンスです。引越し業者が到着したら、引越し代金を現金で支払います。その後、打ち合わせを行い、運ばないものや、高価で注意が必要なものは、必ず前もって引越し作業員に申告するようにしましょう。

 

作業中と出発前

引越しの作業中はどのようにしていれば良いのか分からない方も多いようです。任せっきりにできず、思わず手伝ってしまうような方もいるようですが、この行為はあまりお勧めは出来ません。引越しの作業員が何人かいるケースでは、手を出すより、むしろ邪魔にならないように引越し作業を見ているのが良策のようです。引越しに慣れていない人が手を出して、荷物に傷を付けたり、部屋を壊したりしては元も子もありません。このような場合、自分にも責任がありますので、賠償請求は出来なくなる場合があります。時間を有効に使用するため、順次掃除をしていくことをお勧めします。

 

ほとんどの場合、ダンボールや家具などを各部屋ごとに運んでいきます。ですから、空になった部屋から雑巾などで床拭きをしたり軽く掃除をしていくと効率的です。新しい住まいへの門出に向けて、置き忘れたものが無いか、最終の確認を忘れずに。引越し作業中に掃除が出来なかった時には、その後、大家さんへの鍵の返却と立会いに前に、簡単に掃除をしておのも礼儀です。立会い後、引っ越し先に向かう前に、引越し作業員の携帯電話番号を聞いておくと、渋滞などで予定の時間に到着できない時など連絡が取れれば想定外のことが起こっても、しっかりと対応することが可能になります。さて、移動手段としては普通、車か電車になります。参考までにですが、引越し荷物を運搬するトラックには、依頼者は原則同乗できませんので知っておきましょう。原付バイクや自転車も搬送するような場合は、引越しの作業前に必ず引越し作業員に話しておきましょう。

 

 

移転先と完了後

引越し先での作業は積込みと反対の順番で搬入していくことになります。荷物類は、どこに配置するのか、その時に考えるのではなく、引越しの前に何度もプランを練って、どの部屋に何を置くのか予め決めておきましょう。荷物が多数ある場合には、頭の中のイメージだけではなく、平面図などにして配置を書き込んでおくと便利です。引越し後に、自分自身で移動するから大体の場所に設置してくれればいいと考えている方は案外多いようですが、それよりも引越し作業員に、考えていた所にしっかり設置してもらい、もし納得できなければ、後で自分自身で移動させれば良いのです。

 

どちらにしても、どこかの場所に1回はキチンと設置することになりますので、可能な限り引越し業者に設置をしてもらい、自分の手間を省くことをお勧めします。なかでも冷蔵庫などの重量のあるものは、一度設置してしまうとなかなか移動するのが面倒になります。どうしてもイメージと違うようならば、引越し作業員に話して動かしてもらうのが良いと思います。引越しの終了後は、引越し作業員が帰る前に、家具や床などに傷や破損がないか確認することを話して待機しててもらいます。

 

引越し作業員が一旦帰ってしまうと、電話などで説明してもキチンと伝えることが難しくなります。更に後になればなるほど、引越し業者員の仕業であることを認めてもらえなくなります。ですから、引越し作業員がいるときにしっかりチェックをして、もしも何か問題がある場合には、引越し業者に話して確認しておかなければなりません。作業終了のサインをするときに対応内容を記載するか、用紙などに対応内容を記載して、引越し作業員の責任者に必ずサインをもらうようにしましょう。