単身引越しもやっぱり業者を利用した方が良い?

京都と大阪間の引越しでは、その区間によっては車で1時間ほどの場合もあるでしょうから、自力で行う方も多いかもしれません。

 

お金の面だけで考えれば、最近は引っ越し専門業者の価格もかなり安くなっていますので、自力でも車をレンタルしたり、お手伝いしてくれた人にお礼をしたりという費用を考えれば、それほど自力引越しが安上がりなのか?というと疑問のあるところです。

 

また家族などの手伝いであれば良いのですが、友人や会社の人に手伝ってもらう場合はそれなりに気を遣うことにもなりますよね。

 

ら自分でやるのか、それとも業者に頼むか、考えてみてください。

 

引越しは独りではできないから


実際に単身者の引越しの場合はどのくらいの人数で行うのが妥当なのでしょうか。

 

引越しは1人ではできないものですが、実際に単身者の引越しの場合はどのくらいの人数で行うのが妥当なのでしょうか。

 

引越し業者に引越しを依頼すると、来てくれるスタッフが一人ということはありえません。経験した人ではわかると思いますが、少なくとも3人のスタッフが来るようになっているようです。そこから引越しの規模によって一人二人と増員していくのです。

 

また大きな家具などがある場合はそのためだけにスタッフを増員する場合があり、その場合は多くの場合で4人のスタッフが相場となっています。

 

ただし、朝から始めた引越もその進捗が思わしくないということでしたら、昼からは応援がくることがあります。朝には3人だった引越しスタッフが昼過ぎには倍の6人にまでなっていたということはよくある話なのです。このように引越しの進み具合によって、引越しスタッフの増員をすることはよくあります。

 

引越し作業には必ず引越しについて経験豊富なスタッフがチームリーダーとなって他の引越しスタッフを引っ張ります。引越しは時間との闘いです。市内であれば昼までには第一陣を出発させなくてはいけませんし、昼過ぎにはあらかたの荷物は引越し先に持っていかなくてはいけないのです。引越しスタッフの仕事は搬出と搬入です。

 

それらがしっかりとしていれば引越しはまず成功といってもいいでしょう。最近では梱包などは利用者が行うことが多くなっているのも引越しスタッフの負荷の軽減に役立っているのです。

 

コラム 悩んだ末に単身引越しを選択

共働きで、更に転勤族の我が家ですが、比較的狭い範囲での異動が多いということもあり、思い切って新築一戸建てを購入しました。

 

それから11年の間は、2人ともマイホームからの通勤が可能でしたが、ついに車で1時間半程かかる職場への異動辞令が夫におりました。悩みに悩んだ末、引越しを単身で行うことに決めました。

 

独身の時以来、17年ぶりの一人暮らしです。夫は元々器用で、また、マメな性格なので、家事は一通りできます。なのでそれほど心配はありませんでした。普段も、年末の大掃除の時など、邪魔だから実家に帰ってていいよ、と私や息子達に言い、戻ってくるまでの半日ほどで、家中のフローリングにワックスをかけ、納戸の整理やガラスふきまでこなしてしまう人なのです。

 

マイホームを購入したときも、いよいよ完成し、明日が引越しという日、次男を妊娠中だった私が急に切迫早産で入院となり、引越しは夫1人で終わらせたのでした。

 

さすがに、初日の夜は、新築のだだっ広い家に1人で寝る寂しさと疲労で熱を出したそうです。新しい赴任先の新居となるアパートは3LDKという1人で住むには広すぎる家でした。夫の荷物といえば、同僚からもらった小さな冷蔵庫と洗濯機、テレビとパイプベッド位のものです。

 

一応、電気屋さんに出かけ、電子レンジだけは奮発して性能の良い物を購入しました。こんな程度の荷物なので、夫にとっては引越しを単身で行うのは当然とばかりに、業者には助けを借りず、ミニバンに段ボール類を詰め込み、あっという間に引越しを終わらせてしまったのです。私の手を患わせることは全くなかったので、楽と言えば楽でしたが、去りゆく車を見てもの悲しくなったのを覚えています。

 

しかし、赴任先は車をほんの1時間半走らせた先なので、週末と言わず、帰ろうと思えばいつでも帰れるのでした。これからも、転勤と付き合っていかなければならない我が家ですが、引越しを単身で行うことができる達人がいるので、いつでも来いという気持ちです。

 

一人暮らしに必要なアイテム

ここでは、一人暮らしに必要なアイテムと揃え方を見ていきましょう。一人暮らしになくてはならないアイテムは、基本的に皆さんが自分で揃えることになります。

 

ベッドやタンスといった家具はもちろん、テレビなどの家電・台所用品・調理道具、そして食器類などが主な必須アイテムです。消耗品は近所のスーパーで簡単に手に入ると思いますが、必須アイテムとしてあげた数点を探すときはどのようにすれば良いでしょうか?

 

家具屋さんや電気店に足を伸ばし、欲しいアイテムを自分で探すのが基本です。時間があればゆっくりウィンドウショッピングをしながら選ぶこともできるのですが、忙しい方だとなかなか時間がとれません。そういった方は、まず家具でしたら、ニトリやニッセン、無印良品などのように寝具と家具両方を取り扱っているチェーン店を探すと良いと思います。在庫も多数揃っていますし、お値段もお手頃な商品も多いです。

 

また、インターネットから購入することもできますので、短い時間で素早く目的の商品を探すことが可能になります。家電であれば、ヨドバシカメラやビッグカメラ、ソフマップを訪れてみると良いでしょう。こちらもインターネット販売をしていますし、よくキャンペーンを行っています。

 

あまり時間に余裕がない方でも、家具と同じように短い時間で良い品を、安い価格で見つけることができると思います。近年はインターネットが非常に進化しましたので、インターネットでショッピングを行うことで、仕事のちょっとした空き時間に欲しい商品を見つけ、購入することが可能になりました。

 

店舗まで出向くのが大変な方やお仕事などに追われ時間が取れない方は、インターネットを積極的に利用して一人暮らし初期費用として欲しいアイテムを揃えてほしいと思います。